100万円を1年間かりたら利息もその分加算される

キャッシングによって最も大切なことの一つは、
お金を借りるときに元金に対して金利が設定されるということです。
キャッシングを選ぶポイントで大切な部分の一つなのでここでより詳しく
解説したいと思います。

仮に、100万円を1年間借りたときのことを考えると、
100万円に設定される金利の分の利息がキャッシングで借りた
100万円に付加価値としてプラスされるようになります。

金利と利息

キャッシングにおける利息の計算に関しては、
まずこの金利と利息の関係をきちんと理解しておかなくてはいけません。
金利というのは、年間を通して元金に付加される価値のことを言います。

10万円のお金を借りて10%の金利が設定されていた場合には、
1年後には11万円のお金を金融機関に返済しなくてはいけません。

そして、利息というのはこの金利で出た年間の
付加価値を月の数だけで割ったものを言うわけです。
簡単に言うと、月々の金利の支払い分のことを利息と言います。

年間で1万円の金利の支払い分があるのならば、
月々に支払わなくてはいけないお金はこれを12で割ったお金ということになります。

上限金利が決まっている

そして、キャッシングには利息や金利に関する
上限に関しての利息制限法という法律が存在するのです。

キャッシングで100万円のお金を借りるときには
金融機関から設定できる最高の利息は15%までと決まっていますので、
利息の計算もこの範囲内での計算ということになります。

キャッシングにおける利息の計算はすべて法律の範囲内で行われますので、
消費者が借りる元金さえわかれば後は誰でも簡単に計算ができるわけです。