キャッシングの審査で勤務先への電話について

突然まとまったお金が必要になることはよくあることですが、
給料日前などで、お金が全然ない時はとても困ってしまいます。
友達や知り合いに、お金を貸してもらうのは気がひけるという人は、
金融機関からキャッシングするしかないでしょう。

初めてキャッシングする場合

初めてキャッシングをするという人は、
どこの金融機関から借りたらいいかとても迷ってしまいます。
最近は消費者金融も、CMなどで流れているためイメージがとてもよくなっていて、
若い女性でも気軽に借りられるようになりました。
お店まで行かなくてもコンビニなどと提携しているATMであれば、
簡単にお金を借りられたり、返済できたりするのも借りやすくしている原因かもしれません。

キャッシングを選ぶポイントが金利なら、銀行からキャッシングするのが
一番金利が低くてお得ですが、銀行は消費者金融などに比べると、
審査が非常に厳しいといわれています。
今すぐお金が必要な人や、ハードルの高い審査に通る自信がないという人は、
やはり消費者金融からお金を借りるのがいいでしょう。

勤務先への在籍確認

消費者金融でも銀行や信販系でも借入を申し込むと、勤務先への在籍確認があります。
勤務先に電話がかかってきて、本人が在籍しているか確認します。
この時本人が不在で電話にでなくても、在籍していることがわかれば、
在籍確認がとれたとみなされ、電話が何度もかかってくることはありません。
電話は消費者金融などの会社名などを名乗らずに、
個人名でかけるので職場に消費者金融から借入をすることがばれることはないので安心です。
どうしても会社に電話をかけて欲しくない場合は、
社員証や給与明細書を提出して代用することもあります。