2社目のキャッシングの申し込みについて

複数の金融会社でキャッシングを利用している場合、
新たなキャッシングの申し込みが難しくなることも有ります。
また、1社目で断られてしまい、2社目で審査を受けた時にも断られてしまう事も有ります。

キャッシングは審査を行い、申込者にお金を貸すかどうかを決める事になりますが、
頻繁に申し込みを行っていたり、1社目から2社目までの
申し込み期間が短い場合などでは余程お金に困っていると思われてしまうものです。

信用情報機関に登録される

しかし、1社目で断れた事は自ら申し出なくても金融会社はそれを知っているのです。
何故、自分がそのことを言わなくても解るのか、
別の金融会社に申し込みを行っても1社目で断れた事が
2社目の金融会社に解ってしまうのか疑問に感じる人も多いものです。

キャッシングは申し込みを行う事で信用情報機関の
データベースに登録が行われることになります。
信用情報機関?というとブラックリスト?と思いつく人もいることでしょう。

信用情報機関ではブラックリストの情報を管理すると同時に、
キャッシングの申し込みを行った人の情報も管理しているのです。

延滞3ヶ月や債務整理は事故歴

申し込みに来た人の審査を行うために、信用情報を照会し、
借り入れ件数や申し込み件数、そしてブラックリストでもある事故歴の有無を確認するのです。

因みに、ブラックリストと言うリストが存在するのではなく、
債務整理を行った場合や、延滞を3か月以上行う事で事故歴として信用情報に追加登録されます。
これはブラックと呼ばれる状態になりますので、新たな申し込みや借入が難しくなるのです。